KOO-KI TOPICS - マルイCM「マルコとマルオの7日間」KOO-KI制作の裏側公開!!(後編)

マルイCM「マルコとマルオの7日間」KOO-KI制作の裏側公開!!(後編)

01(Main)_mini KOO-KIで企画・制作させて頂いた、マルイさん「マルコとマルオの7日間」のTVCM。 全3回にわたってお送りしております、制作の裏側ご紹介!! 前回までは、企画〜CG制作の始動までをご紹介してきました。 (前回までの記事はこちら → 前編中編) CGチームもできあがり、本格稼働していきます!! 最終回の後編では、実際のCG制作の裏側から完成までをお届けします。
bar  KOO-KI流ハイスペックCG制作のワークフロー。制作期間の半分を  ドイツで過ごす。海外クリエイターとのコラボレーション。
01 今回の企画の実現には、モデリング、リギング、テクスチャ、ライティング、シェイディング、 アニメーション、コンポジット、3DCG全ての工程で優秀なアーティストが必要でした。 そこで、KOO-KIのアニメーションディレクター ViTO(ビト)を中心に仲間を募り、 ワールドワイドにアーティストをスタッフィング。 3DCGのコアな制作期間(3ヵ月間=制作期間の約半分)を一部ドイツに起き、 制作を行いました。 ちょっとこのあたりのいきさつを、担当ディレクターの木綿に聞いてみました。 Q.どうしてこのようなチーム構成にしたのですか? 木綿:海外のスタジオとのコラボレーションは、企画当初から決めていました。    受注のきっかけとなった「餃子の王国」と同様に海外のスタッフを入れることは    既定路線だったのですが、せっかくなので、がっちりと海外のアーティストと     一緒に仕事をしてみようと思いました。     「餃子の王国」では彼らを日本へ呼びましたが、今回はこちらから海外に出向く     ことになりました。もともとはViTOが立ち上げた会社で信頼もありましたし、    一度、コラボしているので、大きな不安は無かったです。    でもホントは、外国で仕事するのが面白そうっていうのも大きな理由です(笑) Q.チームに海外アーティストを加えたことで生まれたメリット・デメリットはありましたか? 木綿:アーティストということからも分かるように芸術肌な人が多いです。 (日本ではクリエイターと呼ぶことが多く、どちらかというと職人気質です。 あくまで一般論ですが。) どんな役割のスタッフでも、オリジナリティ、個性を大事にしているように思います。 それぞれ自分の役割への強いこだわりや意見があるので、その力が結集すると すごくパワフルなものづくりが出来ます。逆に言えば、個性派揃いなので、 とりまとめるのがものすごく大変だと思います。 たしかに文化の違いからうまれる表現、進め方の違いはありますが、 やりとりを繰り返せばクリアできたので、振り返ってみれば大きな問題は無かったです。 むしろ、表現については良いと思うものはかなり一緒です。 よく考えれば当たり前ですが、同じ映画、音楽、漫画などを見て育ってますしね。 夜、飲みながら話をしましたが、話す話題も日本人同士と話すことと変わらないです。 お馬鹿な話も含めて。 細かくみればデメリットもいろいろとありましたが、 断然、メリットの方が大きかったです。 なるほどぉ・・・。 では、実際にドイツでのCG制作の様子を、少し見てみましょう。 ドイツに渡り作業をするKOO-KIのViTOと古川。 02 KOO-KIスタッフも約3ヵ月間に渡ってドイツに制作拠点を移し、ドイツ、フランス、 オーストリア、ポーランドと多国籍なアーティストとともに自らも作業を行いながら、 現場を指揮。日本の制作チームとは日々skypeで細部にわたるミーティングを行い、 現場サイドと丸井さんとのコミュニケーションを図りました。 様々な役割を担ったアーティスト同士の問題意識が常に共通になっていることは、 円滑に制作をしていく上で重要なポイントの一つ。各カット、シーンの状況、 共有事項をボードに貼り出してシェアしていきます。 03 パイプラインの構築、修正、スケジュール管理も、限られた時間の中で効果的に パフォーマンスを発揮する為には、重要なウェイトをしめます。 04 毎日定時にCGアーティスト全員でミーティングを行い、それぞれの進捗、問題点を共有し、 その日その日の作業を確認し合いながら進めていきます。 05 ブレイクも大切。チームの親睦を深めます。 07 ブレイクはやっぱりBEER!なんですね笑 ドイツメンバー勢揃いで完成の宴!!! 08 KOO-KIの木綿、ViTO、古川もちょっと見えにくいですが、発見! こんなところに(笑) 09 とにもかくにも、こうして、 KOO-KIの面々が企画し、国内&海外アーティストとも一緒に、 また、そのチームを束ねながら、日本国内&海外で奔走し、 映像が出来上がっていきました。 brakedown では、今一度そのCMを...♪ このCMのビジュアルは、ポスター、懸垂幕へと大活躍! 12032063_10153647212993656_3491048966043406546_n CMに登場する街や登場人物を紹介している公式サイトも、 充実の内容になっています♪ 【マルイ公式 スペシャルコンテンツサイト】 http://www.0101.co.jp/maruko/story/index.html?from=01_mrcOpn スクリーンショット 2015-10-05 22.06.57 いかがでしたでしょうか? 全3回にわたって、CMの企画〜完成までをご紹介してまいりました。 こんな風にして、KOO-KIではお客様とともにCG映像を作っています。 さぁ、次はどんな楽しいコラボレーションをやってみましょうかね!? 今後のKOO-KI CGワールドの展開もお楽しみに! 最後までお読み頂いた皆様ありがとうございます!